洗面所のリフォームの費用と相場は?化粧台の交換から脱衣スペース確保まで

このエントリーをはてなブックマークに追加

一戸建てやマンションの洗面所のリフォームを施工する時には10万円から25万円の費用が必要です。

ただ、一部分のリフォームや簡単な補修であれば、3万円から10万円以内で収まるでしょう。

洗面所のリフォームをする時に、新しく洗面化粧台を取り付けるならば、洗面化粧台の設備のグレードによってリフォームの費用が違ってきます

洗面化粧台には、あらかじめ決まったユニットタイプの化粧台と、こだわりのデザインを自分でオーダーメイドできるシステムタイプの事例があります。

システムタイプは、ユニットタイプと比べると機能性が高い利点がありますが、収納棚を追加で取り付ければ費用が掛かります。

また、洗面化粧台の場所を変えると、配水管の工事が必要になり、以前に洗面化粧台が取り付けてあった跡の汚れが床や壁に残るため、床のクッションフロアや壁のクロスも一緒に張り替える必要が生じます。

壁や床を張り替えたり補修する場合には、業者と相談して材料の値段を少し下げると、費用をおさえることができます。

洗面所は家族が皆で使う場所で、洗面用具やドライヤーなどを置いておく必要があるものです。

最近ではユニットタイプの洗面化粧台でも、収納する場所が多く取られているので、使う時に不便さは感じません。

洗面所は湿度が高く湿気が多いため、年数が経つとカビが生えやすい空間です。

クロスや床材を新しくする時には、カビが生えにくい素材に変えたり、床も水滴が落ちても滑りにくい素材を使用すると良いでしょう。

洗面所のリフォームにかかる工期と日数

洗面所のリフォームをする時に、古い洗面化粧台を新しい物と交換するだけなら、半日から1日程度の工期で出来ます

しかし、洗面化粧台の場所を変えたり、床や壁を張り替える工事が伴うと工事の期間は長くなるものです。

そのため、施行する内容やどこまで行うか、リフォームの範囲を前もって明確にしておき、業者とよく話し合っておく必要があります。

シンプルな洗面化粧台は高いものと比べると、材質や使い勝手の良さは少し劣りますが、必要最低限の機能は全てそろっているので使うことに問題ありません。

そのため、大きさはほぼ変わらない洗面化粧台を新しく換えただけでも洗面所の雰囲気は全く異なります。

しかし、交換する洗面化粧台のサイズが変わることもあります。

また、サイズはほぼ同じでも、真っ白の洗面化粧台を新しく取り付けると、床と壁も白色のもので統一したくなり、新しい物と交換したいと思うこともあります。

そうなると、クッションフロアの張り替えや、クロスの張り替えが必要になります。

クロスや床も含めてリフォームする場合でも、洗面所のリフォームはおおよそ2日から3日ほどの工事で終わることが多いです。

クロスの張り替えは、古いクロスを剥がして下地のヘコミやすき間を補修してからクロスを張る作業を職人が1人で行います。

1部屋なら工事は1日で終わります。洗面所の床にクッションフロアを張る作業も要領は同じで、1日で工事は終了するので長い期間は掛かりません。

洗面所のリフォームの費用は業者で異なる

洗面所のリフォームを複数の業者に依頼すると、見積もりの料金が異なりますが、すでに住宅の建物に取り付いているものを使って改修するか、古い素材をどれだけ使うか、どれくらい丁寧に修復するかでリフォーム全体の値段に違いが生じます

例えば、洗面所以外にも浴室の風呂やキッチンなどの水回りをリフォームする時には、給水管を全部新しくする業者と古い給水管を再利用して使う業者がいます。

また、リフォーム業者が出す見積もりには、別途の工事や追加の工事を含む場合と、そうでない場合があります。

リフォームを始めてから追加の工事が決まると、準備していた予算をオーバーすることになるので、追加の工事になる部分を考えて見積もりを出してくれるリフォーム業者の方が良心的です。

洗面台だけの交換なのか、内装工事も含まれるのかによって、請求金額が変わります。

どうしても安い費用で抑えたい、追加の工事をできる限り避けたいと思っている人は、素材の腐敗の程度や使用状況を考えて見積もりを出してもらうと良いでしょう。

洗面所のリフォームでユニットタイプの洗面台を交換するだけなら、大掛かりな工事は要らないので、安い物なら5万円程度で購入できます。取り付ける費用を合わせても10万円以下でリフォームできるでしょう。

しかし、中古の洗面所の内装を新しくする時には、洗面台の費用が10万円掛かり、クロスが5万円、工事代金が15万円の合計で30万円という見積もりになります。

床も壁も今のままで良いと思う業者と、洗面台や洗濯機の場所を変えたり洗面台と壁や床の色を統一することを考えて、内装工事の料金も含める業者では当然見積もりの料金が異なります。

ページの先頭へ