リフォームの費用と相場は?施工事例と工事の期間は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームの種類と費用の相場

古くなった家や不動産をリフォームしたいけれど、業者や工務店の価格の相場がわからないという方は少なくありません

そこで、一戸建てやマンションのリフォームとリノベーションの事例を集計して、種類とおおよその価格をまとめました。

まず、キッチンのコンロを買い換える時には約10万円で済みますが、システムキッチンに交換する時には約50万円の予算を見ておいた方が良いでしょう。

大きさや配置を変える時はさらに費用がかさみます。

また、システムキッチンを新しく据える場合や増設する時には100万円以上かかる場合もあります。

浴槽や給湯器を入れ替えるリフォームには30万円から40万円掛かります。

ユニットバスを設置する時には、100万円前後の予算を準備しておいた方が良いでしょう。

また、古いタイプの風呂からユニットバスに変える時には、配線や解体のための費用も必要なので、さらに数十万円増えることもあります。

リビングの天井や壁のクロスを張替える時の費用は10万円くらいで済みます。

床をフローリングに直す時には面積と材質の程度によって変わりますが20万円前後が相場でしょう。

また、床暖房を付ける時には、断熱材や電気式と温水式によって価格が違いますが、比較的安く済ませれば40万円台からできます。

30坪から40坪程度の2階建て住宅の外壁を塗装する時には、窓枠のコーキングを打つためには25万円程度かかり、通常の塗装工事では100万円前後が目安になります。

また、一軒家の外壁を張り替える時には150万円以上掛かることもあります。

増改築リフォームの施工費用と相場

中古物件を増設したり新築の様に改築する時には、すでに出来上がった商品を買う時とは違い全てのケースで値段が異なるので、相場を知るのは難しいですが、一部屋を増築する時には、通常の木造住宅であれば、2畳で70万円を目安にすると良いでしょう。

また、住宅が鉄骨ならば2畳で100万円を見ておくといいでしょう。

2階に部屋や収納スペースを増設する時には、1階部分の補強や耐震構造の検討も必要になるので2畳で120万円掛かることもあります。この計算で行くと、2階部分に8疊増築するには480万円必要になります。

窓がある所にベランダやバルコニーを増築することも可能ですが、後付けバルコニーでは30万円から50万円の費用が掛かります。

窓の下にベランダの脚を掛けるのが難しい時には、補強するのに余計な費用が必要なこともあるので、工務店に相談してみると良いでしょう。

トイレを増築する時には120万前後の費用が必要になります。

水回りの増設においては、住宅の間取りや便器の程度によっても金額は変わります。

寝室を3畳分増築する時には200万円前後の費用が必要になります。

これは、ただ広くするのではなく、寝室の床や屋根なども既存のものと同じ造りにしなくてはならないからです。

もちろん内装を簡単にすれば、費用を抑えることもできます。

特に増築するのが和室の時には、畳を敷いたり壁や天井の色も考えなければならないので、内装の費用は多めに掛かり、増築費用として250万円はみておいた方が良いでしょう。

二世帯リフォームの施工費用と相場

建物を基礎から全体的に建て替えして二世帯住宅にリフォームする時には、見積もり費用の相場は1千万円前後です。

戸建ての玄関を二つに分けたり、部屋や水回りを増築するなど、大掛かりな工事が必要になるので、費用が膨らんでしまいます。

しかし、2階部分にキッチンや風呂を増設するだけならば、あまり費用をかけずに二世帯仕様に変える簡単な工事も可能です。

簡単な工事として、二世帯で住むためにバリアフリーの手すりを取り付ける時には、1か所当たり10万円前後です。

材料に掛かる費用は、1mの手すりで5000円から2万5千円、下地工事が必要な時にも1m当たり1万円から3万円が目安です。

二世帯住宅に改築する時には、キッチンや浴室、トイレなどを新しく設けることがあります。

2階に新たな給排水の設備を取り付ける時には、費用が余計に掛かりますし、補強が必要なこともあります。

トイレの出入り口や内装、電気配線の工事が必要になり、2階のクローゼットを改装してトイレを取り付けた場合には、工事費用が40万円掛かり、便器などの設備に15万円が必要になります。

二世帯住宅では、親と子が夫婦としてキッチンを共用することになりますが、嫁と姑になると若干の緊張がともないます。

家に小さな子供がいれば、料理しながらも目を配ることができるので、対面式のキッチンに改築すれば、閉塞感がなく料理することができるでしょう。

システムキッチン一式と照明の材料費は200万円前後で、工事費用に200万円かかるので、合計で400万円でダイニングを全面改装することができます。

地域によっては耐震化やエコ対策、省エネルギー化の工法で住まいのリフォームを行う場合に資金の補助や減税、控除を受けられる支援制度もあります。

ページの先頭へ