壁の塗装会社は直接営業が多いという感じが徳島県でもあります。広告ビラを入れてくるのはもちろん、外壁の塗装をしてくださいという風に急に現れるケースも増えています。なぜ戸別営業が多いのでしょう。その理由は家の外壁が外から丸見えだからです。業者は住宅街を彷徨い、各々の外壁部分を吟味していき、外壁部分が傷ついている住まいを選択してあらわれるのです。全部の家に営業をかけているのではなく、壁の塗装をすべきところを選択して訪ねてくるのですが、ときには、執拗な直接営業をしてくるような業者もあるため気をつける必要があります。

外壁の塗り替えの見積り書を出してもらったときに目を通す項目としては、重ね塗りの作業か挙げられます。徳島県でも基本的に重ね塗りは三回施工します。とはいえ、太陽光があたる南西など、痛みがひどい所というのは四回作業することもありますし、日光が当たらない所は2回になることもあります。重ね塗りを何回するかで使う塗料の量も料金も差が出ますのできっちり見ておきましょう。見積もりについては、重ね塗りを何回施すかを注視し、記載がない際にはたずねてみるようにしてください。雑な答えをしてくるようなところは、契約しない方が無難です。