壁の種類はモルタルの壁、サイディングボードというのが埼玉県でも多数で、それ以外にはトタンや板ばり等があります。モルタルというのはセメントや砂と水等をかき混ぜたモルタルを左官屋が壁に塗りつけて、さらに塗装をして施工するといったやり方で、サイディングボードが開発されるまでは日本家屋のほとんどをしめていました。現在の大部分はサイディングボードを用いた壁ですが、先に加工場等でつくられたサイディングと言われる壁材をくっつけていく形で施工していきます。どちらも一定期間での外壁の塗り替えが不可欠であるということでは変わりはありません。

見積りの時に確認する点として下地処理のケレン作業か挙げられます。元の塗装材を除いて壁の具合の調整をしていく施工で、これらの作業を省略してしまうと、新規の塗料がきっちり機能しなかったり、早い年数で落ちてしまったりすることもあります。埼玉県でも、ケレン作業というのは手間と時間がかかるので、この工程を省略してしまう業者もあるので気をつけてください。期間がかなり早かったり、代金が非常に安上がりなときは、この施工を確認しておきましょう。省略されているときは訊ねるようにしましょう。