壁の塗装をするときに入念にしたいのが壁色選びです。先に塗装材の色サンプルによって選択していくのですが、実際に塗られてみると想像していた色とちがう風にでき上がったという事が佐賀県でも珍しくありません。小さいサンプルで見る色のフンイキと壁すべてに塗られたものとではイメージは異なってくることも多いです。周囲の建物の色とのつりあいを心に留めてみる事も大事になります。通常、鮮明な色彩を選ぶと年数とともに劣化が目立ちますので、落ち着きのある色彩を選択するとうまくいきます。

外壁部分にかび汚れなどがでると見栄えがまずいことはもちろん、塗料がいたんできていると考えられます。かびは日光が当たらない所にでやすく、カビを予防する効力が低い塗装材にて施工されているときは早めに発生してきます。新築の際には、諸費用を抑えるため塗装にお金をかけられないといったケースも珍しくなく、そうした時には壁の下地もいたみやすくなります。さらに傷むと、ひび割れ等も生じて、佐賀県でも修復費は高くなりますので、早めに壁の塗り替えを施す事がポイントです。