家は出来た段階から劣化が始まっていますので、つねに補修をしていく事が沖縄県でも重要です。とりわけ建物の壁部分というのは絶えず風雨にさらされて、徐々にダメージを受けていきます。そのまま放っておくと外壁にひびが入ってしまう等、修復作業をすることになります。外壁部分が壊れてしまうのをガードするためには定期的な外壁の塗装作業は大切です。塗り替えというのは外観をきれいにすることにかぎらず、外壁部分を整備してヒビ割れなどを押さえるといった目的ももち、修繕の費用等が発生しなくなります。汚れが目立たないので不必要ということではなく、建物を保護するのに欠かせない整備であると言えます。

外壁部分には、サイディング材と呼ばれる人工の外壁というのも沖縄県ではよく使用されています。サイディングであれば手入れをせずにOKだというような印象をもっている人も多いと思いますが、モルタルと同じく外壁の塗り替えは不可欠です。約10年程度で塗装を行えば、だいたい三十年くらいは利用できますが、塗装をせずにいるとすぐにもひび等といったトラブルにより使えなくなります。サイディング材も外層は塗装材により守っていることに変わりはありません。