壁と同様に屋根の手入れについても必要です。屋根というのは壁以上に太陽光の影響を受けるので劣化も早い箇所ですが、めったなことでは見ない所ですし、劣化を気にかけている人も大分県では少ないです。傷んでいくと建物の内側に水が染みこんで腐敗等を引き起こす時もありますので、周期的なメンテナンスが大切です。年数としては壁と同じように約7,8年くらいから十年くらいを目安に塗り替えを施すというのが通例ですが、瓦ぶきは塗り替えを行う必要はありません。

建物の壁の塗り替えを依頼する時期は、建物が完成してから、もしくは前回の外壁塗装からの年数でいうと、普通、大分県でもだいたい10年程度です。当然、塗料などにもよりますが、目安としてその位になります。なかには、新築のときに低品質の塗料で済ませていたり、そもそも塗料を利用してなかったりする時もあって、そうした時はたちまち外壁がいたんでしまうということもあります。外壁の塗装というのはヒビ等からガードする効果もあるので、定期的にするようにしてください。