塗り替えのちらしを見てみると10年間長期保証と掲載している業者も鹿児島県では多くなっています。10年ならば充分だと感じる方も少なくないですが、知っておきたいのはその意味です。ほとんどのケースでは保障の対象となるのは壁の所だけで壁から塗装材が落ちてしまったケースのみ保証が認められます。ただ、外壁から塗装材が剥がれるというような事はめったにないですし、外壁より剥がれ落ちてしまいやすい木部や鉄やトタン等というような所は十年保証はされず、せいぜい2,3年位という保障の内容のことがたいていのようです。

建物の外壁には、サイディングと呼ばれる人工の外壁も鹿児島県ではよく用いられます。サイディング材であればメンテをしてなくて良いといったイメージを抱く人も多いようですが、モルタル外壁と同じく塗り替えは必要です。だいたい十年前後で塗り替えを行えば、三十年くらいは大丈夫ですが、塗り替えをしないままでいるとすぐにもヒビなどの問題でつかえなくなってしまいます。サイディングも表は塗膜により保護されているということに違いはありません。