塗り替えについての見積り書がでたときに目を通すポイントとしては、重ね塗りの作業か挙げられます。茨城県でも基本的には重ね塗りは上塗りと中塗りと下塗りの3回実施します。紫外線を受ける南の方角など、劣化が酷い壁というのは4回やることもあり、いたみが少ないところについては二回となる事も考えられます。重ね塗りを何回行うかで塗装材の量も費用も変わりますのでしっかり見ておきましょう。見積もりについては、重ね塗りを何回施すかをチェックし、書いていない時は聞くようにしてください。不明瞭な受け答えをしてくるようなところは、頼まない方が無難です。

家の壁部分の色あせが目立ってきたら、塗り替えのタイミングだと思っていいです。見かけが変化しているということは、塗装材が風雨等により組織を破壊されてきているということです。塗膜がはがれてきているケースも同様になります。もっと劣化が進むと、外壁部分を指でタッチした際に塗料が付着してきます。これらをチョーキング現象と呼び、茨城県でもこうなったら壁の塗装の時機と考えていいです。