壁の表層にカビやコケ等がでると見かけがまずい以外にも、塗膜が傷んできていると考えて大丈夫です。コケは湿気がある部分にできやすく、防カビの効果が弱い塗料を使っているときは早い段階で発生してきます。家を建築する際には、費用を削るため塗料の質を落とすケースも多く、そういった際には塗装材の老朽化も早くなります。さらに傷つくと、クラック等も生じて、群馬県でも補修の料金は高くなってきますから、早期に壁の塗装を施すことが重要です。

塗り替えのビラには10年長期保証ですというように記載してある会社も群馬県では少なくないようです。十年間であれば満足だと思う人も少なくないですが、気をつけたいのは保証の中身になります。ほとんどのケースでは保障が効くのは壁の所のみで、外壁から塗装が剥がれた時のみ保証が認められます。しかしながら、壁から塗装材がはがれ落ちるというようなケースはそうそうないですし、壁と比較してはがれ落ちてしまいやすい木部や鉄やトタン等の所は十年間保障はされず、長くて数年前後というような保障の中身になっているケースが大部分です。