外壁塗装の見積もりを出してもらったときに見ておく観点として、重ね塗りの回数が考えられます。福岡県でも通常は重ね塗りの回数は上塗りと中塗り、下塗りの三回作業します。また、日射をうける側等、いたみが酷い所については4回やる事もありますし、痛みが少ない壁は二回となることもあります。重ね塗りを何回行うかによって塗装材の分量も金額も違ってきますのできっちり目を通しておきましょう。見積もりでは、重ね塗りを何回するかを見て、書いていないときはたずねるようにしてください。雑な答えを返してくる感じのところは、依頼しない方が良いです。

外壁にかび等があると外観がよくないのみでなく、壁の素地が傷ついてきていると思っていいです。かびは湿気がある場所に発生しやすく、カビを予防する効果が低い塗料を用いているケースではすぐにもあらわれます。家を建てる際は、費用を削るために塗装材の質を低くするということもあり、それらの際には塗装も傷みやすくなります。より傷つくと、クラックなどもおきて、福岡県でも修復料金は多くなりますので、早めに外壁塗装を行う事が大切です。