建物の外壁が古ぼけてきたら、外壁の塗り替えの時機だと思って大丈夫です。見た目が違っているということは塗装材の外側が風雨等により組織を分解されてしまっているということになります。塗装材が取れてしまってきている場合も同じです。さらにいたんでいくと、外壁部分を手で触れた際に塗装が手につきます。この現象を白亜化と言い、愛媛県でもこのような感じになったら壁の塗装の時期と判断していいです。

壁部分に起こる症状には、ひび割れ、かびなどがよくあります。クラックというのは建物のズレ等が要因で起こりますが、たいていのケースで修理できます。かび汚れはというと陽が当たらない所にできやすく、塗装材のカビを予防する効力が弱かったりすると起きます。緊急性をもってなんとかしなくてはいけない事態ではありませんが見た目も悪いですし、ほったらかしていると傷ついてしまいますので壁塗装を検討するのもありです。塗装がとれるといったケースは愛媛県でもたくさんはないのですが、ほとんどのケースは作業上の過ちです。