外壁塗装による補修と修理はどんな感じに施工されるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装工事を依頼したいと考えている方の中には、「近所の方に、騒音などで迷惑をかけてしまうことがないだろうか?」と心配している方もいると思います。

ご近所に、高齢者の方や小さなお子さんがいるご家庭がある場合には、「騒音は大丈夫だろうか?」と心配になる方も多いでしょう。

塗装工事というと、「塗料を塗るだけだから、音は出ないのでは?」と思われる方も多いと思いますが、塗装工事の際には足場を組み立てたり、高圧洗浄機を使って外壁を掃除したりするため、多少なりとも音が出てしまいます。

しかし、これらの作業は3日から4日程度となりますから、ご近所への負担はそれほどかからないといえるでしょう。

新築工事などを考えると、騒音で迷惑を欠ける心配は少ないといえます。

「でも、心配だなぁ」という方は、事前にご近所の方に伝えておくと安心でしょう。

3日から4日程度ですから、ご近所の方も納得してくださるはずですよ。

工事がはじまって、全ての工程で音が出るわけではなく、あくまでも工事準備のための足場組立や高圧洗浄時、足場の解体の際となり、塗装の塗り替え時には音は出ませんから安心ですよ。

このように、外壁塗装を行う際の騒音は、それほど気にする必要はないでしょう。

どうしても気になる場合には、事前にご近所の方にご挨拶をしておくと安心ですよ。

短い期間ですから、トラブルになる心配はないでしょう。

外壁補修工事の体への影響について

最近では、自然に配慮した商品が増えてきていますよね。

食材を購入する際や洋服、洗剤などを選ぶ際にも、「体に優しいものを選んでいる」という方も多いと思います。

そんな方の中には、「外壁塗装をしたいけれど、塗料で体へ何らかの影響が出るのではないだろうか?」と心配している方もいると思います。

塗料となれば、特殊な成分などで作られていますから、体への影響を心配する方も多いでしょう。

では、塗料への体への影響について、ご紹介しましょう。

実は、今は塗料なども各メーカーで様々な工夫をしており、有害物質の少ない塗料などが増えてきているんですよ。

そのため、今では水溶性の塗料が主流となっており、工事期間中に、塗料の臭いなどを嗅いでも、触れても病気などになる心配はありません。

しかし、中にはアレルギーなどをお持ちの方もいると思います。

建材の臭いなどで、アレルギーが出る方にとっては、塗料選びも慎重に行う必要があります。

「どうしたら良いのだろうか?」と思われる方もいると思いますが、まずは専門家委に相談することが必要。

中には、化学物質が一切含まれていない塗料などもありますから、こういった塗料を選ぶことで、アレルギーなどを出さずに塗り替えを行っていくことが出来るでしょう。

このように、外壁塗装を行った際には、塗料により体に何らかの影響を及ぼす心配はありません。

しかし、アレルギーがある方の場合には、アレルギー反応してしまう可能性がありますので、事前に相談することが必要となります。

外壁塗装の 洗濯物への影響

お子さんが多いご家庭では、「毎日、洗濯をしている」という方も多いと思います。

夏場などには、外に洗濯物を干しているご家庭も多いでしょう。

また、お隣でも「外で、洗濯物を干している」という方もいると思います。

そういった方が外壁塗装を依頼する際、「洗濯物への影響はないだろうか?」と心配になる方もいるでしょう。

ご自分の家だけではなく、となりの洗濯物にまで影響を及ぼしてしまっては、困りますからね。

では、外壁塗装の際の洗濯物への影響について、ご紹介しましょう。

まず、現在の外壁塗装工事の際には、足場にマッシュシートを用いて、現場をラップしていきます。

塗装を行う際には、ローラー塗装が主流となっており、塗料が飛ぶなどの心配は少ないでしょう。

しかし、塗装を行う前には、高圧洗浄機などを使って外壁を掃除していくことになり、この時にしぶきなどが飛ぶ可能性があります。

大量にしぶきが飛び、洗濯物を濡らしてしまうなどの心配はありませんが、しぶきが飛ぶ可能性はありますので、ご近所の方などへは事前に伝えておいた方が良いかもしれませんね。

また、打ち合わせなどの際に、これらの対応について業者に相談しておくと良いですよ。

「全く問題ないですよ」といった対応をするところは、逆に注意が必要。

高圧洗浄機などを使う際には、どうしてもしぶきなどは飛ぶものですから、こういった対応をしているということは、判断が浅いと考えた方が良いかもしれませんね。

外壁塗装と塗料の臭いについて

外壁塗装を行う際、それぞれ心配な点がある方も多いと思います。

中には、臭いが気になっている方も、多いのではないでしょうか。

塗装というと、「キツイ臭いがするから、家中に臭いがこもるのでは?」と心配している方もいると思います。

では、外壁塗装の際の臭いについて、ご紹介しましょう。

塗装というと、ペンキなどのツンとした臭いをイメージしている方も多いでしょう。

そのため、「この臭いが家中にこもってしまうと、体調を崩してしまい総」と思っている方も多いと思います。

特に、高齢者がいるご家庭や小さなお子さんがいるご家庭では、心配になっているのではないでしょうか。

現在では、塗料も様々な進化をしており、臭いに関しても進化してきているんですよ。

そのため、臭いを出さないというのが、作業の流れとなっており、普段の生活に支障が出るような臭いは発生しないようになっています。

窓などには、しっかりとマスキングを行っていきますので、家の中に臭いがこもってしまうような心配もありませんよ。

しかし、中には体質などで臭いがダメという方もいると思います。

そういった方は、事前に業者の方に「臭いが苦手なんですが」と相談するようにしましょう。

事前に相談しておくことで、臭いなども考えた塗料選びをしたり、マスキングなどでの工夫を行うことが出来ますから安心ですよ。

このように、通常であれば外壁塗装の際の臭いは、生活に支障が出るほどのものではありませので、心配いりませんよ。

雨の日の外壁補修工事について

外壁塗装をしたいと考えている方の中には、「この日までには、工事は終わらせたい」といった希望を持っている方も多いと思います。

仕事などで出かけてしまったり、旅行などで外出される方もいるでしょう。

そんな方の場合には、「この日までには、ちゃんと工事は終えられるのだろうか?」と心配になっている方もいると思います。

特に、雨などが降ると「雨の日は、作業はどうなるの?」と思われる方もいるでしょう。

では、外壁塗装工事を行っている際の雨の日の対応について、ご紹介しましょう。

通常、塗装工事を行っている際に雨が降ってしまった場合には、どんなに予定が追われていても作業を進めることは出来ません。

塗料は、塗膜が乾かなければ作業を進めることは出来ません。

雨だけではなく、夜露などがあった場合にもすぐに作業は出来ず、乾いてから作業をはじめることになります。

「でも、予定があるから早く終わらせてほしい」と思われる方もいると思いますが、濡れている状態で塗料を塗ってしまうと、塗料の持ちや効果が変わってくることになり、せっかくの塗り替えも意味がなくなってしまいます。

そのため、いつまでには作業を終わらせたいと希望がある場合には、早めに工事をはじめることが必要。

予定がある方は、それらも業者と相談しながら工事を進めていくことが必要となるでしょう。

雨が降れば、予定通りに工事が進まなくなってしまうことも、事前に頭に入れておく必要があるでしょう。

ページの先頭へ